戦術と戦略を使う

サッカーサイドハーフ|どうやってボールを受けるの?

この記事では、サイドハーフのボールの受け方を説明します。

サイドハーフがボールを受ける方法は大きく分けて3つある。知っていると試合で役に立つよ。パスを出す選手もサイドハーフの動きが分かっていると、絶妙なパスができると思う。この続きを読んで試合で使ってね。

3つのボールの受け方

サイドハーフがボールを受ける理由は、ゴールをねらうためだからね。このことを絶対に忘れないで。

ボールの受け方は3つある。
①シュートするためにパスをもらう。
それが難しかったら、
➁アシストするためにパスをもらう。
それもできなければ、
③ドリブル突破するためにパスをもらう。

これから分かりやすく説明するね。

①シュートするためにパスをもらう

そのままシュートするボールの受け方だよ。

ポイントは、できるだけゴールの近くでパスをもらうことだ。

縦に走ってボールを受ける

逆サイドで攻めているときに縦に走ってボールを受けよう。
全体が右に寄っているから、左サイドハーフはゴールに近いところへ行けるぞ。

斜めに走ってボールを受ける(ダイアゴナルラン)

DFとDFの間を斜めに走ってボールを受けよう。相手DFのマークをはがすくらい、勢いよく飛び出そう。
こんな感じで斜めに走ることをダイアゴナルランって言う。ちょっとかっこいいかも。

➁アシストするためにパスをもらう

ラストパスをするためのボールの受け方だよ。

ポイントは、相手を引きつけることだ。

サイドバックの裏でパスを受ける

サイドでボールを受けて相手DFを引きつけよう。クロスを上げてアシストをねらう動きだ。

中央でパスを受ける

中央に動いて相手を引きつけよう。縦にパスをしてアシストをねらう動きだ。

③ドリブル突破するためにパスをもらう

ドリブル突破するためのボールの受け方だよ。

ポイントは、相手にマークされないでパスをもらうことだ。

相手のサイドバックとサイドハーフの中間でボールを受ける

相手に寄せられると自由に動けない。だからできるだけ相手から離れたところでボールを受けたいよね。

高い位置だと、相手のSBに寄せられてしまう。低い位置だと相手のSHに寄せられてしまう。

相手のSBとSHの中間でボールを受けよう。そうすると、相手は誰が寄せるか迷うんだ。そうするとチャンスになる。

【ボールを受ける前のアクション】

裏に行くと見せかけて足元でもらう

裏をとるアクションをしてから、足元でボールを受けよう。相手DFは裏に注意がいくから、そのスキをつこう。

中央からサイドに離れながら足元にもらう

中央に行くアクションをしてからサイドでボールを受けよう。サイドハーフは縦だけじゃなくて、横も使うんだ。

error: Content is protected !!