プロ選手を手本にする

点取り屋フォワードになる方法を解説!

この記事では、得点を量産できるフォワードが何をしているのか解説します。論文より、J リーグで得点ランキングTOP10に入った選手を参考にしました。

得点を量産できるフォワードには共通点があります。得点するときはゴールの近くでボールをもらっていました。得点になったシュートの80%がダイレクトシュートでした。すべて真似する必要はないけど、プロ選手を真似すると早く上達します。プロ選手と今の自分を比較してみて、違うところを変えられたら、得点を量産できるフォワードに一歩近づきます。

参考文献は以下です。
サッカーにおけるシュート地点とゴールイン地点の傾向に関する分析
-「2010年度 Jリーグディビジョン1」得点ランキングトップ10のJリーガーにおいて- 草野 修治
仙台大学紀要 Vol. 44, No.1: 31-41, 2012

ボールをもらう位置

パスをもらう場所が一番重要です。
赤が最大の得点ゾーンになります。できるだけ赤のゾーンでボールをもらいましょう。次にオレンジ、黄色、緑という順で得点率が高くなります。

パスを受けてからシュートまでの時間

得点の約80%がワンタッチでシュートをしていました。

パスを受けたらすぐにシュートを打ちましょう。ゴール前は敵との距離がとても近いからです。
意識してほしいのは、

  1. ダイレクトシュート
  2. ワントラップしてシュート

この2つです。
よいシュートを打つにはトラップの練習も必要になります。トラップして思い通りの位置にボールを置くのは難しいですが、根気よく毎日の練習に取り入れましょう。

シュートの蹴りかた

得点率が高い蹴り方から練習すると得点力が向上します。
まずはインステップキックを上手になりましょう。次にインサイドキック、最後にヘディングの順番です。
シュートはやっぱりインステップで打たれていましたが、負けないくらいインサイドも使われているようです。

得点力を高める練習の順番
  1. インステップキック
  2. インサイドキック
  3. ヘディング

シュートで狙う場所

シュートはゴールキーパーがいないところに蹴りましょう(図の赤いところです)。
ゴールの端になります。上か下かで悩むなら、下に蹴りましょう。上を狙うとボールをふかしてしまうからです。

ゴールキーパーの位置を予想して蹴りましょう。膝の向きを見るとゴールキーパーがどっちに向かおうとしているのか分かります。
見る余裕がなければ、思い切って赤いところどこかに蹴りましょう。

まとめ

ゴールを量産するイメージはできましたか。
もしゴールに近い位置でボールをもらえないなら、それはチームが成熟していないのが原因かもしれません。それならば、まずは相手ゴール近くまでボールを運ぶ練習を始めましょう。チームとしてはサイド攻撃をできるようになるとリスクを少なくゴールを目指せると思います。

error: Content is protected !!