戦術

サッカーで戦術を決める前に考えること

サッカーは戦術を決める前に大切なことがあります。
”チームとして何を目的にするか”です。

目的が統一されていないとチームは力を発揮できません。現代のサッカーでは優勝するために引き分けや負けを選ぶことさえあります。

戦術を決める前に読んで欲しいことを書きました。

戦術より大切な2つの掟

どの方向に進むのか先に決めておかないと、戦術を決めることはできません。点を取りに行くのか、点を取られないように守るのかピッチの選手11人が意識を統一する必要があります。

点を取りに行く

トーナメントやグループリーグ突破のために勝利が必要なときは点が必要です。点を取りに行くということはカウンターをうける可能性も高くなります。リスクマネージメントしながら全員でゴールを目指しましょう。

ゴールを守る

すでにリードしていたり勝つ必要がないときです。カウンターを狙うことで相手にプレッシャーを与えることもできます。
カウンターを狙って格上のチームと戦うこともあります。

優勝するための行動

日本代表は優勝をするためにグループリーグでスコアを調整したことがあります。

ロシアワールドカップ

2018年のロシアワールドカップのグループリーグ最終戦で日本代表は戦略的行動をとりました。最後の10分は負けていたにも関わらず、ゴールを目指さないパス回しをしました。理由はその試合で0-1で負ければフェアプレーポイントによりグループリーグ突破が叶うからです。
この選択には賛否両論がありました。

なでしこジャパン

ロンドン五輪グループリーグ最終節の南アフリカ戦で引き分けを狙いわざと2位突破をしました。理由は、1位より2位突破の方が移動距離も少なく済み、対戦相手も選ぶことができたからです。
結果、ロンドン五輪で銀メダルを獲得しました。

戦術へのつながり

サッカーは点をとるスポーツです。どんなときも点を取る意思を捨てては試合になりません。ゴールを守るにしてもカウンターを準備しておかなければ、相手に試合をコントロールされてしまいます。

  1. 目指すのは常に勝利
  2. 勝利に必要なのはゴールを目指すこと

この2つは忘れないようにしましょう。そこからチームとして戦術を選べるようになります。

戦術はどう守るのかどう攻めるのか詳しく決めることです。つまりどうしたら11人で守れるのか、攻めれるのかパターンを共有するということです。大変だけど全員が共有できたら、サッカーがより楽しくなるでしょう。

戦術(パターン)が共有できたら

同じ絵を描く

このことを意識しましょう。最初は二人で同じ絵を見て、次に3人、4人と増えたらいいですね!

error: Content is protected !!