サイト案内

サッカーコーチングで使える指導内容まとめ

コーチングのやり方と必要性についてです。間違ったコーチングの影響で、選手のモチベーションが下がったり、スランプに陥るのを防ぎます。

イメージトレーニングを選手に指導したいときに使えるページです。指導するときは動画や実演で見せるのがとても重要です。特に外的・内的視点は選手がイメージを持つうえで大切な内容です。

スランプの脱出方法について書いています。もしスランプになった選手がいたら、その解決のために参考にしてください。

選手がピッチ外でやったほうが良いことです。オフザピッチで何をできるかが選手の成長を左右します。人生の歩み方でも活かせる内容なので、ぜひ使ってほしいです。

攻守の切り替えが遅い選手に向けて話したいときに使えるページです。戦術よりは、個々の考え方についてです。うつ病などは反芻思考をしている人が多いでしょう。サッカーにおいても、そのような思考に陥る選手も稀にいます。すこしのアドバイスが大きな成長につながるかもしれません。

わかりずらいルールについてです。試合中に不利なジャッジがあっても、ルールを知らなければ何もできません。選手のためにも最低限ルールは把握しましょう。

フェアプレーについて選手に知ってほしいときに役立つページです。争いとスポーツ精神の違いは、選手の将来を見据えて伝えたいものです。なぜフェアプレーキッズが存在するのか、フェアプレーをしないとどうなるのか。選手は理解を深め社会の歩み方を知るチャンスです。

サッカーのフェアプレーとは?スポーツ精神と相手へのリスペクトフェアプレーとは、相手を傷つけないこと。そして正々堂々と勝負することです。そして、フェアプレーをするということは自分を守ることでもあります。サッカー、フットサルを始めるうえで必ず知っておいて欲しい内容です。フェアプレーとはフェアプレーに必要なことサッカー、フットサルのルールを知っていること。相手と自分は公平であること。全力でプレーすること。レフェリーに敬意を払うこと。相手に敬意を払うこと。相手をリスペクトするから 相手も自分をリスペクトしてくれるサッカー、フットサルに限らず当てはまることですが、相手をリスペクトしてプレーをしましょう。そうすることで相手も自分を認めてくれます。そして、切磋琢磨する仲間が増えていきます。もし相手を軽く見てしまうなら、それは自分に原因があります。入場の時に選手といる子供の役割は??エスコートキッズ、又はフェアプレーキッズなどと呼ばれます。フェアプレーの象徴として、将来を担う純粋無垢な子供たちと一緒に選手がピッチに入場します。ワールドカップでは1998年からエスコートキッズが選手と一緒に入場するようになったようです。他にも、国旗をピッチに運ぶナショナルフラッグベアラー選手のウォーミングアップ前にハイタッチをして出迎えるハイタッチキッズスタジアムに到着した選手を迎えるウェルカムキッズ試合会場でカメラマン、取材記者の手伝いをして学習できるプレスキッズレフェリーをエスコートし、両チームのコイントス等をサポートするレフェリーエスコートキッズなどがあります。もし経験したい様なら、応募できるそうですよ。参考URL: https://www.jfa.jp/samuraiblue/20190326/youth_programme.htmlグリーンカードとは何かレフェリー(試合の審判)は、イエローカードやレッドカードで選手に忠告をします。フェアプレーに違反した、許されない行為に対してだされるカードです。それとは逆に、選手がポジティブな行いをしたときにだされるのがグリーンカードです。12歳以下の選手で会ったり、チャリティーマッチで使用されることを目にします。グリーンカードの意味は以下の通りです。・それは良い行動である。その調子で続けなさい。・ポジティブな行動を再確認、再強化する。・ポジティブな教育である。・認め、感謝し、もっとやるよう励ます。・他の人が見本とすべき手本である。・ファンやオフィシャルもあなたの行動を認め評価している。グリーンカードは以下のような行為に対してに提示されます。・怪我をした選手への思いやり・意図していないファウルプレーの際の謝罪や握手・自己申告(ボールが境界線を出たとき:スローイン、CK、GK、ゴール)・問題となる行動を起こしそうな味方選手を制止する行為・警告も退場も受けず、ポジティブな態度を示す。(レフェリーは試合終了の笛を吹く際に、チームベンチに向かってカードを提示する引用:http://www.jfa.jp/respect/declaration/ フェアプレーポイントとは何か2018年のワールドカップでは、セネガルと日本が2位で並んでいました。得失点、総得点、直接対決で順位が決まりませんでした。そのためもう一つの判断基準である、フェアプレーポイントが採用されたそうです。イエローカードの警告はマイナス1、2度目の警告による退場はマイナス3、一発退場のレッドカードはマイナス4と決められていました。結果、3試合で日本は警告4枚のマイナス4、セネガルは同6枚でマイナス6。日本が2ポイントおさえグループ2位で決勝トーナメント出場を決めました。一番やってはいけない報復行為とはやられたことをに対してルールを無視してやり返すことは自分になんの利益も生みません。それどころか、周囲に迷惑をかけ、自分の心も曇ってしまいます。今回の例は1998年ワールドカップに出場し退場したベッカム選手についてです。https://youtu.be/r7LuNHtRwhY決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦、ディエゴ・シメオネに報復攻撃を加え退場処分となり[96]、また、チームもPK戦の末に敗退したこともあり、デイリー・ミラーに「10 heroic lions one stupid boy(10人の勇敢な獅子と1人の愚かな若者)」という標語をつけられ、戦犯としてメディアを含め多くの批判を浴び、ベッカムは死の脅迫をも受けた[97]。 引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%A0 ベッカム選手はキックを武器にしたとれも素晴らしい選手です。しかし、報復行為による退場処分になりました。そして、多くの人の反感を買っています。報復行為だけはしないと心に決め、自分のプレーに集中できるようにしましょう。そしてもし間違った行為をしたなら、それを認める勇気をもちましょう。2度はしないと心に決めてプレーするしかありません。まとめ自分がうまくいかないと周りの選手にあたってしまったり攻撃してしまう選手がいます。時には、そういった選手でもサッカーが上手な選手がいます。ただ、自分の失敗を受け入れられない選手、相手をリスペクトしない選手に成長はありません。フェアプレーの参考動画相手選手にボールを返そうとして間違えてゴールへ意図しないゴールの修正のため、1点相手に献上しています。https://youtu.be/XWO98zEWnDo...

体のケアについて選手に注意してほしいときに参考になるページです。高いレベルを望むほど、ケアが必要になります。長い目線でとても大事な内容になります。パフォーマンスを最大限発揮できないまま選手をやめることのないように、ケアについても指導できたらいいですよね。

サッカー選手の走行距離についてまとめました。練習メニューを作成するときの参考にどうぞ。選手に伝えると目標設定に役立つと思います。

error: Content is protected !!