フォーメーション

【フォーメーション】4-4-2(フラット)をわかりやすく説明!

ここでは4-4-2(フラット)というフォーメーションをわかりやすく説明します。 フラットという理由は、真ん中の4人が横にまっすぐ並んでいるからです。

この記事を読むと、4-4-2の良いところと悪いところがわかります。試合とかチーム練習で使えることを書きました。選手だけじゃなくコーチにも読んで欲しいです。フォーメーションを決めるときと、相手チームを分析するときに思い出してください。

4-4-2にはこんな特徴があります。
〇バランスがいい
〇ゾーンディフェンスがやりやすい
〇サイドの選手がポイントになる

4-4-2の良いところ

①バランスが良いからゾーンディフェンスができる

4-4-2は選手がバランスよくいるので、ゾーンディフェンスがやりやすいです。どこにボールがきても選手がいます。

相手からしたら、壁が3枚あるイメージです。

➁サイドでボールを奪ってカウンターができる

バランスがいいから、サイドで負けないディフェンスができます。

左の画像の黄色いところを見てください。
相手のゴール近くでボールを奪って、そのままサイド攻撃ができます。

4-4-2で困るこt

①サイドで突破できないと前に進めない

赤い丸の選手がキーマンです。
ドリブルが得意な選手がここにいるとサイド攻撃ができます。

ただし、相手に強いディフェンダーがいるとそうはいきません。

前に突破する方法があります。サイドバックがサイドハーフを追いこす動きです。これをオーバーラップと言います。

赤い丸の選手がドリブルで突破できないなら、サポートしましょう。

サイドバックの選手が追い越すことで、パスもできるようになります。選択肢が増えるので、相手も困惑します。

ディフェンスが1人いなくなった分、カウンターを受けやすくなります。オーバーラップは、タイミングを見て使いましょう。

4-4-2のポイント

選手同士の距離感が大切

バランスがいいからゾーンディフェンスができます。
だけど、もし選手と選手の距離が近くなりすぎたらどうでしょう。ゾーンディフェンスができなくなって、空いたスペースを相手に使われてしまいます。横の選手と、縦の選手をよくみてバランスのいいポジションをとりましょう。

まとめ

4-4-2というフォーメーションはバランスがよくて、ディフェンスが得意な戦術です。ディフェンスのときは、選手と選手が近くなりすぎないようにすることがポイントでした。オフェンスのときは、サイドでボールを奪い素早く攻撃すればチャンスになります。

error: Content is protected !!