フォーメーションの種類

【フォーメーション】4-1-4-1の特徴|守るために形を変える戦術?

ここでは4-1-4-1というフォーメーションをわかりやすく説明します。

この記事を読むと、4-1-4-1の良いところと悪いところがわかります。試合とかチーム練習で使えることを書きました。選手だけじゃなくコーチにも読んで欲しいです。フォーメーションを決めるときと、相手チームを分析するときに思い出してください。

4-1-4-1の特徴

4-1-4-1はしっかり守れる

4-1-4-1は守備が得意なフォーメーションです。4-3-3を守りやすくすると、4-1-4-1になります。

4-3-3
4-1-4-1

4-1-4-1は変化する

4-1-4-1は試合中に形を変えられるので、相手の特徴にあわせて対応できます。

4-1-4-1が4-5-1になるパターン

4-1-4-1は試合中に4-5-1になれる。そのためには、4人と1人が横にくっつけべばいい。ぶあつい壁ができたイメージだ。相手の中盤が強いとき、このフォーメーションにして守ろう。

4-1-4-1が守備的に変形

4-5-1

4-1-4-1が5-4-1になるパターン

4-1-4-1は試合中に5-4-1になれる。1人がディフェンスラインに入れば5-4-1になれる。最終ラインに分厚い壁ができたイメージだ。相手の攻撃が強いとき、このフォーメーションにして守ろう。

4-1-4-1が守備的に変形
5-4-1

4-1-4-1のキーマン

ボランチの選手がキーマンのひとりだ。この選手はディフェンスに専念する。相手のトップ下をマークしたり、危険を先読みしてつぶす役目がある。

5-4-1になるときはこの選手がディフェンスラインに入る。
4-5-1になるときは、この選手が2列目のラインに入る。

フォワードの選手が2人目のキーマンだ。この選手は得点するためにポストプレーもドリブルもシュートもする。

ポストプレーで時間をつくって仲間のあがりを待つ。
ドリブル突破してシュートを打つ。

サイドハーフの選手が3人目のキーマンだ。この選手は守備も攻撃もするから体力が必要になる。

守備ではうしろのスペースが空かないように注意する。

4-1-4-1の困るところ

4-1-4-1は壁をつくって守れるフォーメーションです。でも、その壁のうしろにはスペースができることがあります。そこを相手に使われると危険です。

2列目の壁がディフェンスラインと離れすぎると、左画像の赤丸みたいにスペースができてしまう。そこを相手に使われると危険だ。

ディフェンスラインと2列目の壁が離れすぎないように気をつけよう。

ハーフの選手はそのスペースをうめるために走らなきゃいけないときがあるぞ。

error: Content is protected !!