ポジションの特徴

サイドバックの役割をわかりやすく説明!

この記事では、知っていると上手くなるサイドバックの役割を説明します。

試合でも練習でも、サイドバックのやり方を知っていると、はやく上手くなれます。サイドバックの役割は、誰もが知っておいたほうが良いでしょう。近代サッカーの戦術では、サイドバックが重要なポジションと言われるからです。どうして重要なポジションなのかこれから伝えるので、自分がサイドバックになったつもりでイメージしてください。そうすることで、サイドバックの動きがより分かりやすくなります。

サイドバックは攻めの組み立てに重要なポジション

サッカーの試合で攻めるとき、サイドバックは重要です。ボールを回す攻めでも、相手からボールを奪ったすぐ後の攻めでも、サイドバックを経由してボールを運びます。
現代サッカーではサイドの攻防が重要になっていて、ボールを奪う時も、攻める時も起点になるのがサイドバックです。

サイドチェンジするときは、右サイドから左サイドバックを経由して左サイドハーフにボールを運びます。カウンターをしかけるときは、自陣のサイドでボールを奪うことが多いので、ボールを奪ったサイドバックがそのまま攻撃の起点になります。

サイドバックにはドリブルもパスもできる選手が必要

サイドを攻めるとき、サイドバックにドリブルで縦に突破する力がないと上手くいきません。

それに付け加えると、縦に突破したあとに、精度の良いクロスやラストパスができないと得点につながりません。フォワードが求めているタイミングで、正確にクロスをあげる必要があるからです。

現代サッカーでは、ディフェンスの戦術が発展しているため、得点できるチャンスが少なくなっています。なので、サイドバックは鋭く攻撃に参加する能力が求められています。

サイドバックはディフェンスが第一

そんな攻撃を求められるサイドバックだけど、バックというだけあって試合ではディフェンスが第一優先です。相手のサイドハーフやウイングなど攻撃的な選手をマークします。
攻められている時はマークを離さず、声を出してセンターバックと連携します。チームがピンチになれば体を張って、失点しないように粘り強くディフェンスします。

error: Content is protected !!