目標設定

サッカー スランプの脱出方法ってあるの?

スポーツを続けていると、

  • 上達していないように思う。
  • スランプになってしまった。

と感じるときがあります。

今回はそんな
上達しない感覚になる原因や、スランプの抜け出し方を解説します。

自問するときは
なぜ ではなく なに を使うこと。

指導者は
・選手が失敗の場面を連想するような指導を避けること

これが特に大切です。

スランプになる原因 「’’なに’’ か ’なぜ’’’」

何か問題が起きると、その原因を見つけたくなるのが人間です。
選手も、失敗すれば自問するでしょう。

「なぜあの時あんなプレーをしたのか。」
「何を考えて、自分はあのときあんあプレーをしたのか。」

ここではその自問の問題点を書きたいと思います。

スランプに陥る選手の考え方

スランプになりやすい選手は、
”なぜ” という質問を自分に繰り返してしまいます。

自問に’’なぜ’’を使うのはやめて、’’なに’’を使いましょう。

”なぜ”と自問してはいけない理由

人はなぜと聞かれたとき、自分の都合の良いように答えるようできています。

例えばこんな研究があります。

危険な吊り橋と頑丈な吊り橋があります。
どちらも吊り橋を渡った先に同じ美女が立っています。
吊り橋を渡り終えると美女がこういうのです。アンケートに答えてほしいです。・・(略)・・
そして最後に、もしまた話したいことがあれば、電話番号を教えるのでかけてほしい。

さて、実際に美女に電話をかけた人は危険な吊り橋を渡った人頑丈な橋を渡った人どちらで多かったでしょう。

答えは、危険な吊り橋を渡った人

その理由は、感情の違いが原因だろうと推測されます。

つまり、危険な吊り橋を渡った人は、
吊り橋を渡った時の恐怖、鼓動が早くなった感覚 手が汗ばんだ感覚
それが原因で美女に電話を掛けたのです。

にもかかわらず、理由として、自分の身体変化を上げる人はいませんでした。多くが、美女がかわいかったから。と答えたのです。

つまり、本当は吊り橋によっておきた感情の変化が美女に電話をかけなおした原因なのに、多くの人はもっともらしい、可愛かったから。という答えにすり替えたのです。

人は自分の行動をなぜと問うと、一番都合よく、答えやすい内容に話をすり替えてしまうようにできています。

ここからわかること。

それは、なぜという問いは、自分の感情やその場の状況に合わせて、都合の良い考えをもたえてしまう可能性があります。
間違ったことをさも当たりまえのようにしてしまうのです。

なぜ電話をかけたのですか?→可愛かったから(もっともらしい答え)
何を考えて電話をかけたのですか?→何を・・ その時ドキドキしていたから。吊橋を渡ったあとだったから。

なに を使うことで、自分勝手で都合の良い考えを改めることができます。

だから、普段はなぜではなく 何をと自分に問いかけましょう。

ネガティブな考えをもたらす”なぜ”

また、
なぜという問いにはネガティブな考えをもたらすことが科学的研究で示されています。

なぜこんなことになってしまったのだろう。
⇒ きっとあの時の判断が間違いだった。 人の選び方を間違えた。  

自分の都合よく、マイナスな考え ネガティブな自分が顔をだしてきます。

自問する時も ”なに” という具体的で解決策を見いだせる自問の仕方をしましょう。

感情をコントロールするのにも”なぜ”は活きる


例えば、

上司 教師に怒鳴られたとしましょう。

”なぜ” の場合

なんでどなられているんだろう 
⇒ きっと相手がイライラしているからだ。仕方ない。(自分の都合の良い安易な解釈)
⇒ 自分の成長につながらない逃避

”なに” の場合

何についてどなっているんだろう 
⇒ きっとあの時の言葉遣いがいけなかったんだ。(具体的に改善策を発見する)
⇒ 言葉遣いだけで人に不快感を与えるんだ。修正しよう。

特に感情を言葉に落とし込むと、偏桃体の活性が穏やかになり、自分をコントロールしやすくなります。ぜひ普段の生活から感情にも何で対処してみましょう。

なぜという問いは 原因と結果を結びつけることができます。なぜという問いは、自分の都合よいことを原因にすり替えて、結果と結びつけてしまうのです。

やってはいけない指導

失敗した選手に対して、やってはいけない指導があります。

心理学について学んでいないが故に、気がつかないうちに選手のプレーの質を下げてしまっているかもしれません。

選手に失敗イメージを持たせないようにする

選手が失敗イメージを持ってしまう指導があります。

それは、〇〇するな!という言い方です。

ゴールを外した選手に対して、次はシュートを外すなよ。
そんな指導はご法度です。

シュートを外すなと言った時点で、選手はシュートを外した場面を連想します。
人は想像と同じような行動をとるため、よりシュートを外す確率が高くなります。

なので正しくは
相手のゴールキーパーに当たらないところにボールを蹴るんだぞ。それでいいのです。

イメージとプレーの関連はとても大きな相関があります。

選手にマイナス(失敗した)イメージを持たせないように、指導者は時に配慮する必要があるでしょう。

error: Content is protected !!