目標設定

成長に欠かせない他人からのフィードバック|プロになる選手と指導者の関係

貴方は、自分が周りからどう思われているか知らないはずです。

なぜなら、

周囲のほとんどの人が、素直にあなたの欠点を指摘してくれないからです。

このページでは、

自分が成長するために、人からフィードバックをいかに得ることが大切なのか。

・なぜフィードバックを得ることが難しいのか。

解説します。

大切にすべき人 すべきでない人

基本的に、 周りの人間の方が自分を客観的に見ることができます。

しかし、周りの人間は、改善した方が良い事実を伝えてくれることはほとんどありません。

理由は以下記載があります。

大切にすべきは厳しいことを言ってくれる人

もし厳しいフィードバックしてくれる人がいたら、大切にしましょう。 

本当に思いやりがあって言ってくれるなら、その人は自分を大切に思ってくれている人です。


なぜなら、

人は良い知らせは本人に伝える傾向がありますが、

悪い知らせは伝えない傾向にあるからです。

それなのにわざわざ悪いところを教えてくれる他人は、自分を否定したいか本当に思ってくれる人のどちらかでしょう。

大切にすべきでないのは悪意のある人

フィードバックしてくれるからと言って、全てを鵜呑みにしてはなりません。 

他人が考える自分と、自分が考える自分を照らし合わせて、何が良い選択なのか検討しましょう。

フィードバックをしてくれる相手は適切か選ばないと、

ただ攻撃するのが好きであなたのことを悪く言う人もでてきます。

これも覚えておかないと自分が傷つくだけです。

なぜフィードバックしてくれる人は少ないのか

他人が自分に 良くない点を伝えないことは普通であることを知っておきましょう。

なぜなら、グループで生きるようになった人間にとって、相手の悪い点を伝えることはグループ内で生きるのが難しくなるからです。

他人は自分の悪いところを教えてくれないけれど、自分以外の人にはその事を伝えています。

つまり、もし他人がどう自分を見ているのか知りたいならば、他人Aに他人Bが自分の事をどう言っているのか聞くのです。

そうすれば他人Bが自分をどう思うか知る機会になります。

他人が自分をどう見ているのか知りたいならば、自分から頼む必要があります。

フィードバックを得られないとどうなるか


他人から意見をもらい、自分で改善しないように努めないとどうなるか。

それは自分だけを信じ、自分だけの道を歩むことです。

しかし、もしその道が正しくなかったら・・・??

必要のない失敗を重ねたり、無駄な時間を過ごしたり、もっと有意義に過ごせる機会を手放しているかもしれません。

まとめ

ここで言いたかったことは、

もし他人が自分の悪口を言っていたら大チャンス。

自分の知らない他人が自分をどう見ているのかを知ることができます。

知ることができたら、悪い点を無くすように試行錯誤してみるのです。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。