ルール

サッカールール|PKで使えるフェイント(参考動画あり)

ゴール前に広がっているペナルティーエリア内でファールになると、ゴールキーパーと1対1でシュートを打つPK(ペナルティーキック)が与えられます。
PKには注意点があります。やっていいフェイントとやってはいけないフェイントの区別をここでは知っておきましょう。

興梠選手のPKから学ぶルール

この動画をみて、このPKって問題ないの??そう思う方は多いと思います。
結論から言えば、ルールに従っており問題ないPKということになります。

なぜ問題ないのか。どこまでなら助走とフェイントが認められるのかここでしっかり学びましょう!

参考動画はYoutubeより
Jリーグ公式チャンネル : https://www.youtube.com/watch?v=-HbNEe9uf-U&feature=youtu.be

PKのルール書き

競技者が一度助走を完了した後、ボールをけるためにフェイントをする。主審はそのキッカーを警告する。 (ただし、助走中のフェイントは認められる)

興梠選手のキックは認められる

まだボールを蹴られない位置ならば、止まったりフェイントをしてからボールを蹴るのはOKです。

ただし、最後の軸足を入れた後のフェイントはできません。
⇒ つまり、キックするために足を振り上げてからのフェイントはできないということです。

やっていいフェイント

やっていいのは助走中のフェイントです。
走るのをとめたり、助走に緩急をつけるのはやっていいこと覚えておきましょう。

PKで使える面白技

PKではリラックスできているか、いつも通りのボールインパクトを得てリリースできるかがカギになります。
けれど、失敗したらどうしようというプレッシャーが邪魔をすることは言うまでもあります。
そんなときは、もちろん成功している姿を連想し向き合うべきですが、今回はちょっと視点をかえてみました。

面白いPKを記憶しておくことで、ユーモアや心の落ち着きを保てたら良いですね。

Youtubeより
MBM 2nd : https://youtu.be/9-g7PCBr1Oc

①軸足キック

②真ん中ループキック

③ボールセット後に助走を付けづにキック

④1回転してからキック

➄キックの前にめっちゃ大きくジャンプ

⑥これは無理。キックと同時にバク宙

⑦これは今のルールではアウトかもしれない

⑧おもしろすぎる(笑)これはまねできません!

⑨さすがジダン

⑩キックの前にジャンプは意外と使えるのかも

⑪メッシのトリックプレー これはできたら楽しそう

まとめ

今回はPKのルールについてでした。

PKは点の獲得率が高く、勝敗を決める大切なイベントです。
プレーする選手も監督も、また観戦するサポーターも知っておいた方が良いルールです。

ルールを把握できていることは前提なので、他のルールカテゴリーのページも是非一読してください。

error: Content is protected !!