ルール

サッカーのルール|初心者でもわかりやすく解説

この記事は、

  • サッカーのルールってむずかしい
  • なんでファールになるかわからない。

そんな要望に応えられるように、サッカーのルールを簡単に説明します。

インゴールとノーゴール

入ったはずなのにノーゴール!そんな場面も時々あるのがサッカーです。

ではノーゴール、インゴールはどう見分けるのでしょうか。

インゴール = ゴールに入ったこと

ノーゴール = ゴールに入らなったこと

インゴールとは

ゴールのラインを完全に割ったらインゴールになります。

「完全に」なので、真上から見てボールが少しでもラインにかかっていたらゴールにはなりません。

ノーゴールになる場合

以下の場合で直接ボールがゴールに入っても、それはノーゴールになります。

  • スローイン
  • ゴールキック
  • 間接フリーキック

ノーゴールになる間接フリーキックとは

フリーキックには間接フリーキック、直接フリーキックがあります。

間接フリーキックはゴールに入ってもノーゴールになるフリーキックのことです。

フリーキックとは

⇒ 相手側が反則をしたとき、その地点から自由に蹴るキックのこと。

間接フリーキックになるとき

  • ゴールキーパーが6秒以上ボールを持ってしまったとき
  • ゴールキーパーが味方の足パスを手で取ってしまったとき(ただし、頭(ヘディング)、胸、背中、尻、膝、太腿、脛によってパスされた場合は対象外。 )
  • ゴールキーパーが手からボールを離したのに、また手で取ったとき
  • ゴールキーパーが味方のスローインをそのまま手で取ったとき
  • ボールと無関係に相手の進路を妨害したとき
  • 主審が危険と判断したプレー

やってはいけないスローイン


スローインもちゃんとしたやり方をしないと、ファールスローになります。

プロの世界でも稀に見かけるファールスローは以下のようなときです。

ファールスロー

とくにやってしまいがちなのは、ボールを頭の後ろまで引かないで投げてしまうことです。

その他以下のようなときはファールスローになります。

  • ボールがタッチラインを超えた位置と違うところから投げる
  • タッチラインを超えて投げる
  • 片手で投げる
  • からだをよじって投げる
  • リリースのとき両足が地面についていない
  • 頭の後ろまでボールを引いていない

スローインのボールを受けるプレーヤーはどこにいてもオフサイドにならない。

イエローカード、レッドカードがでるとき

イエローカード

  • 審判の承認を得られていないのに、グラウンドに入ったり出たりしたとき
  • 非紳士的な行為を行った時
  • 繰り返し反則をしたとき

レッドカード

  • 乱暴な行為をしたとき
  • 1試合に2回イエローカードをもらったとき
  • 口汚い侮辱的な言葉を使ったとき

まとめ

今回は、

  • ノーゴールになる場合
  • ファールスローになる場合
  • イエローカード、レッドカードをもらう場合

を紹介させていただきました!

また随時まとめていきます。読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。