ルール

フットサルコートのサイズ|作り方

フットサルコートはサッカーコートの9分の1です。

大きさが異なることで、プレーのスタイルも大幅に変わります。

サッカーからフットサルに転身する際、特にコートの大きさを把握しておくことは大切でしょう。

自分でコートの幅を記憶して、サッカーと違うことを把握しておくことが得策です。

そこで今回は、

ゴールラインとタッチラインの長さ。

交代ゾーンの長さ。

ペナルティーエリアの大きさ

などなど、説明します。

フットサルコートの長さ大きさ

標準的なコートの大きさ

長さ40m × 幅20mが標準的な大きさとされています。

サッカーと比較するとだいぶ 大きさが違っていますね。

サッカーではひとりで担うディフェンスの範囲が、フットサルのコートの広さに匹敵することもあるでしょう。

コートの大きさ(ペナルティーエリア、交代ゾーンなど)

先ほどは標準的な大きさでしたが、その詳細を見てみましょう。

タッチライン(コートの長さ)

38~42m

ゴールライン(幅)

20~25m

ペナルティーエリア

半径6m

センターサークル

半径3m

交代ゾーン

交代ゾーンの長さは5m

交代ゾーンは必ず試合前にも確認しましょう。このゾーン以外では選手の出入りが許されていません。

初心者の頃からわかっていないといけません。

交代ゾーンの始まり

ハーフウェーラインから5mの位置から始まり、そこから5mの幅が交代ゾーン

ペナルティーマーク

ペナルティーエリアのライン上(2つのゴールの中心線上)

第2ペナルティーマーク

ゴールラインより10mの位置(ペナルティーマークから測ると4mの位置)

フットサルではサッカーと比べて、特別なルールとして第二ペナルティーがあります。

第二ペナルティーについては他の記事で書いていますので、是非ルールのカテゴリから目を通してくださいね。

ゴールの大きさ

縦2m 横3m 奥行80cm以上

ストライカーならゴールの大きさは把握しておかないと厳しいでしょう。

サッカーからフットサルに転身する際に、個々は大きな壁になります。

また、足のふり幅や与えられる時間の短さもフットサルの難しいところです。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。