戦術と戦略を使う

サッカーのプレッシング|ボールはどうやって奪うの?

この記事では、プレッシングのやり方について説明します。

プレッシングは、みんなで協力して守る方法です。点を取りたいときに使えるから、勝ちたいときとか、相手に負けているときに使ってほしいです。この続きをよんで、強い相手にも勝てるようになりましょう。

プレッシングでやること

プレッシングは、チームのみんなで協力してボールを奪うことだ。

ひとりがボールを奪いにいったら、みんなも近くの相手をマークしよう。そうすると相手は困ってパスも出せなくなる。ボールを奪うチャンスだ。

ひとりでボールを奪いにいくとパスされてしまう。

みんなで協力すれば、相手もパスできない。困っているスキにボールを奪えるかもしれない。

プレッシングのやり方

できるだけ相手ゴールの近くでボールを奪おう

できるだけ相手のゴールに近いところでボールを奪おう。ゴールの近くで奪えたら、シュートできるところまで行きやすいからだ。

できれば①のところで奪おう。難しかったら、➁のところでいいよ。

仲間がプレスしたらみんなも協力しよう

①FWがプレッシャーをかける

まずはFWがプレッシャーをかけよう。みんなで同時にプレッシャーはかけない。最初はひとりで始めるんだ。

➁中盤がサポートする

FWがプレッシャーをかけたらサポートしよう。次にパスが出そうな相手に寄せよう。

③DFラインを上げよう

DFラインも上げてサポートしよう。みんなの距離が近くなって、ボールを奪いやすくなる。

プレッシングのコツ

みんなの距離を近くしよう

わるいディフェンス

みんなの距離が遠いから、ディフェンスしにくい。

よいディフェンス

みんなの距離が近くなると、ディフェンスしやすい。

プレッシングの注意点

試合中ずっとプレスはできない

試合中ずっとプレスはできないよ。体力がもてばいいけど、それはプロ選手でもできない。だから、プレスしないときを伝えるね。

プレスしなくていいとき

試合で勝っているとき

勝っているなら、無理してボールを奪わなくていいよね。カウンターをねらってもいいし体力を残そう。

みんなが守備の準備をできていないとき

ひとりで無理にプレスすると相手の思うつぼだ。すぐにパスされてしまう。ボールは人よりも動くのがはやい。追いつけないよね。

相手がすごく上手いとき

どんなにプレスしても、相手がすごくうまいとボールを奪えない。そんなときは、あきらめよう。カウンターをねらう戦術に変えてもいいと思う。あとは、相手が疲れてきたらプレスするのはどうだろう。

プレスが弱いとピンチになる

中途半端にプレスすると、逆にピンチになるよ。裏のスペースにボールをけられてしまう。相手に自由にボールをけらせないくらいプレッシャーをかけよう。

ボールに寄せた選手のプレスが弱いと、裏にボールをけられてしまう。

みんな同時に寄せるとピンチになる

相手ひとりにみんなが同時にプレスをかけると、パスを出されてしまう。

前を向いている相手にみんなでプレスすると、パスを出されてしまう。逆にピンチになるぞ。

まずは一人だけでプレスをかけて、チャンスができてから相手ひとりにみんなでプレスしよう。

まとめ

プレッシングは、最初はみんな上手くできないよ。練習してすこしずつできるようになる。僕もできないときはあったけど、何度も失敗してできるようになった。あきらめないでね。

いつも読んでくれてありがとうごいます。

error: Content is protected !!