中/上級者向けの練習

サッカーの走行距離|プロは1試合でどのくらい走るの?

サッカー選手はどのくらい走っているのでしょう。

今回は
①プロ選手(Jリーガー)が1試合で走る距離
②ポジション別の移動距離・移動スピード

について調べました。

プロ選手になるために何が足りないのか。自分に合っているポジションはどこなのか。参考になればと思います。

引用論文は以下になります。
①宮城修,山下則之,大橋二郎・他:J リーグ選手の体力と試合中の動きについて.バイオメカニクス研究,1999, 3: 125-131
宮城修,大橋二郎,瀧剛志:サッカーの移動スピードと距離からみたポジション間の比較.日本体育学会,2004(第55回大会号): 528.
②大学サッカー選手のポジション別体力特性に関する研究 : 試合中の移動距離・移動スピードからみた生理学的特徴との関連性について(https://ci.nii.ac.jp/naid/10024157996)

論文の信頼性が高い保証はありません。可能性が示唆されている程度です。②は母数が25名であり統計結果にブレがあるかもしれません。

Jリーガーが1試合で動く距離

10kmを走る

Jリーガーが1試合で走る平均距離は10.3~12.5Kmと言われています(①)。
試合時間が90分になるので、高校生以上は1試合で10km走ります。
ユース選手は10kmランニングをトレーニングメニューに取り入れるといいかもしれません。

余談ですが、私も高校時代に12.195キロ走をやりました。コーチからランシューのお告げをもらうと覚悟を決めなければなりません(笑)。遅くても60分以内にゴールするように言われていました。

Jリーグの公式サイトで「LIVEトラッキング」サービスがあります。
リアルタイムで選手の動きを確認出来て、スプリント回数ランキングなど記載されています。ネットで『Jリーグ トラッキング』とググると簡単です。目標とする選手がいるなら確認しておきましょう。

ジョギングと短いダッシュ

試合中は2~3m/sec以下で動きながら時々8m/sec以上の早いスピードで移動しています(①)。
8m/secは50m走を6.25秒で走る速さです。
分かりやすく50m走に例えました。でも実際にこのスピードで50mも走りません。10mとか5mとか短い距離をダッシュしているイメージです。
サッカー選手は短いダッシュをする場面がおおいですね。そしてダッシュするときは本気です。相手にプレッシャーをかけたり、スペースに走りこむときにダッシュが必要になります。

ポジションごとの移動距離とダッシュした距離

1試合の総移動距離はMFが一番多く、次にSB、FWと続きます。CBが一番少なかったそうです(②)。
7m/secのハイスピードの移動はOMFが一番多く1114m、DMFが543 m,FWが416 mでCBが157mであり一番少なかったそうです(②)。

つまり、ミッドフィルダーは走る距離もダッシュの距離も一番長いです。逆にセンターバックは少ないようです。

近年では前線からのプレスが戦略に用いられることがあります。もしかするとこの研究をしたチームのプレースタイルが影響している可能性もあります。

まとめ

研究を参考に走行距離やダッシュの距離を解説しました。センターバックは走行距離もダッシュの距離も短いので楽に思えるかもしれません。だけど、相手オフェンスとの駆け引きや空中戦に勝つ高さが求められるでしょう。

自分にはどのポジションが向いていると思いますか??
どんな練習が自分に必要だと思いますか??
参考にして頂けたらと思います。

error: Content is protected !!