サッカー・フットサル

アウトサイドキック/ドリブル|初心者が上手くなるコツと練習方法

 

今回はアウトサイドキック、アウトサイドドリブルです。

 

海外の選手に比べ

日本人の選手はアウトサイドキックが蹴りずらいと言われています。

 

試合中に使うと効果的なので

もしインサイドキックをマスターしているなら、

次はアウトサイドキックを練習してみましょう。

 

アウトサイドのメリット、デメリットも解説していきます。

 

アウトサイドキック(Outside kick)とは

 

アウトサイドキックとは足の外側でボールをキックすることです。

 

薬指のあたりを使いますが

ドリブルとキックで、使う部位は少し違います。

 

それと、

リフティングでつかったアウトサイドの部位と

ドリブルとパスで使う部位は違います。

 

インサイドはリフティングの部位と一緒だったので、

話がちがいますね。

 

これがアウトサイドを上達するのが難しい理由です。

 

 

今回もYoutubeから参考になる動画をみつけたので

アウトサイドキック、アウトサイドドリブル、アウトサイドシザースを紹介します。

 

アウトサイドキックの練習方法

最初は無理して遠くに飛ばそうとせず

どこの場所が一番よいか試してみましょう。

 

蹴るための助走で入る角度は特に動画を参考にしてください。

 

アウトサイドキックのメリット

  • 意表を突くパスを演出できる
  • インサイドキックとは逆向きの回転をつくれる
  • 蹴った後のランニングがスムーズ
  • 相手にパスコースを読ませにくい(ショートパスの場合)
  • 小さな動きでパスをすることができる
  •  

 

 

アウトサイドキックのデメリット

  • 遠くへ飛ばすのが難しい

 

 

アウトサイドドリブルの練習方法

 

下の動画は、アウトサイドだけをつかった、ドリブルとターンの練習です。

 

最初はとにかく細かくボールにタッチしましょう より上達が早くなります。

 

アウトサイドドリブルの練習(ノーマル)

 

この練習だけでなく、

 

片足で直進する練習もしましょう。

 

 

そのときは、足を一歩だすごとに、

 

毎回アウトサイドでタッチできるようにしましょう。

 

 

アウトサイドドリブルの練習(角度をつけるドリブル方法)

 

自分のリズミをつくってドリブル練習するととても上達します。

 

アウトサイドドリブルのメリット

  • スピードにのりやすい
  • 左右どちらにもいける場所にボールをおきやすい
  • インサイドと組み合わせることで、角度をつくったドリブルができる

 

アウトサイドドリブルのデメリット

  • ボールが露出するので、間合いを間違えればすぐに相手にとられてしまう

 

 

アウトサイドシザースの練習方法

 

おまけで、アウトサイドシザースを解説します。

 

これは『アウトサイドで蹴るのではないか』と思わせるフェイントです。

 

応用編なので、後から見返すのもよいかもしれませんね。

 

コツは、

しっかりボールの前をまたぐこと。

 

ボールの上に足を通さないようにしましょう

 

大きな動作で練習しましょう

小さな動きに相手は惑わされないからです。

練習から大きな動きができないと本番も使えません。

 

 

 

アウトサイドシザースとアウトサイドドリブル

 

ドリブルに角度をつけるアウトサイドドリブルを練習しましょう。

 

そうすることで、アウトサイドドリブルの中にアウトサイドシザースを使えます。

 

そして、アウトサイドのキックフェイントもできるように

しっかりアウトサイドキックもマスターしておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

アウトサイド三昧!! いかがだったでしょう。

 

アウトサイドを身に着けるとプレーの質がとても向上します。

 

ドリブル、パス、キックを組み合わせられるように

まずはひとつひとつ練習しましょう。

 

いつかアウトサイドでバナナシュートを打てると楽しいですね。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。