サッカー・フットサル

サッカーフェイント10選|動画で分かりやすく解説

今回はサッカーフットサルで使えるフェイントをまとめました。

重要なのは緩急、角度、相手との距離です。

相手がどう動くかを意識しつつ、以下のフェイントを練習してみてくださいね。

 

フェイント:キックフェイント

ボールを蹴ると見せかけて逆側に切り返すフェイントです。

しっかり上半身もつかい大きな動作をすることで、相手のシュートブロックを誘います。

大きな動作のあとは瞬時に体を小さくし、ボールを素早く逆へ持っていくことが必要です。

体を小さくすると小回りが効きやすくなるからです。

 

フェイント:スプリングターン

 

スプリングターンは慣れたらやりやすい足技です。

ここで重要になるのは、相手が自分に対してどの位置にいてどう足を動かしているかです。

相手を進行方向に誘い出し、相手が同じ方向に踏み込むことを想定して逆方向に進みましょう。

 

フェイント:ダブルタッチ



ダブルタッチはスペースがない狭いところでも使えるフェイントです。

足元で使えるので、相手との距離が近いときにつかます。逆にスピードにのっているドリブルでは使いづらいフェイントです。

ワンツーのリズムが最初は難しいですが、慣れるとすごく使いやすく効果的なフェイントです。

 

フェイント:ボディーフェイント

 

ボディーフェイントで重要なのは、フェイント前の動きです。

フェイント前はゆったりとしたスピードで直線的な動きをしましょう。

いざフェイントをするときは素早く大きな動きで相手を一瞬逆方向へ動かすイメージです。

 

フェイント:マシューズフェイント

 

マシューズフェイントはボディーフェイントよりゆっくり相手を抜き去る時に効果的です。

重要なポイントは、相手の足をよく見ることです。

最初の誘う動きに相手がついてきているかどうか見極めましょう。

相手の足が動いき地面から離れる瞬間に逆をつくのがポイントです。

 

フェイント:シザース

シザースフェイントのポイントは、しっかり足をボールの前に通すことです。

ボールの上を通さないようにしましょう。

そして大きな動作で練習することを忘れないようにしましょう。

 

フェイント:シザースターン

シザースターンはシザースフェイントとほぼ同じですが、ゴールと相手に対して斜めに接近するときに使える技です。

単なるシザースと違うのは、相手に向かうときも離れるときも角度を意識する点です。

相手に向かうまでにもリズムをもってドリブルするとより効果的です。

 

フェイント:クライフターン

クライフターンのよいところは、ターンの際に相手とボールの間に足があるところです。

相手にボールを触らせるのを避けることができます。

また応用編としてドリブル中も大きな進路変更時にクライフターンを使うことができます。

 

フェイント:マルセイユルーレット

マルセイユルーレットのポイントは、相手がボールに近づいてきているかです。

止まって冷静にボールを見ている選手相手には距離を開かれて意味のないフェイントになってしまいます。

 

フェイント:エラシコ

 

エラシコは身につけば様々な場面で使える技です。

一瞬の早業として使えるので、相手がよくボールを見て機敏に反応するときは非常に効果的です。

 

まとめ

今回はフェイントの技を紹介しました。

意識するのは スピードの緩急、角度、相手との距離です。

また、相手の視線を見ることが大切です。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。