サッカー・フットサル

サッカーで使えるフットサルのフェイントTOP5

フットサルで使える足技5選です!難易度も載せました!

youtube動画を使って解説します。

レボルト 難易度★★★★☆

②(動画14秒~)がレボルトです。軸足の後ろでボールを細かく動かす足技です。

サイドライン際でこの技を使えば、縦にも進めるしカットインもできます。

自分の軸足より後ろにボールが隠れるので相手DFは対応が難しくなります。そのため時間をつくれることと、相手の足がとまりやすくボールウォッチャーにさせるのがメリットです。

このフェイントはつま先で前後にコントロールするのが難しいため、難易度は高いです。

ブラインドターン 難易度★★☆☆☆

有名なドリブルデザイナーOKABEさんの動画です。

ブラインドとは隠すという意味です。

足や体で相手の視界からボールを消し、一瞬見えたと思ったら逆の方向にボールを運びます。

ボールを隠したドリブル ⇒ 一瞬相手がボールを見る ⇒ 大きく角度をつけて逆向きにボールを蹴り出して方向転換    この3ステップです。

ブレインドターンとフレドラ

フレドラとは

カットインするときにボールを浮かせて相手の足にボールがぶつからないようにする足技。フットサルは小さいフィールドなので足にぶつかってしまうことがよくあるので、こういった小さい技術が上手か下手かを分けるポイントになる。

⇒ ブラインドターンで逆をつくときはボールを浮かせると相手の足に引っかからず、失敗せずにドリブルしやすくなります。

フリックショット 難易度★☆☆☆☆

右足でボールを引くと同時に左足も浮かせてボールを蹴る技です。

右足で引くのと左足で蹴る動作は同時なので、左足でジャンプするような動作が必要になります。

フリックとは

フリックとはパスが足元にきたときに、足のつま先やアウトサイドで軽くボールに触れることで、ボールの軌道を変えてパスに変化をつける技のことです。

この動画のピヴォ(三角形の頂点でゴールに一番近い選手。サッカーでいうフォワード。)がダイレクトでボールの軌道を変えているのがフリックです。

フリックショットの動画を見ると、右足で引いたボールを左足を使ってダイレクトに方向を変えています。ものすごく早くボールが進む方向が変わるので、相手に予想できない動きをすることができます。

ヒールリフト 難易度★★★☆☆

この動画ではネイマールがよく使うヒールリフトを紹介しています。

とれも詳しく解説してくださっているので、以下は文字にまとめた内容です。動画でわからなかったら参考にしてみるのが良いです。

ネイマール式ヒールリフトは体を大きくひねるのが特徴で、ボールを挟みながらジャンプします。

ネイマール式ヒールリフト

3つの手順

  1. 効き足は母指球の横、軸足はヒール部分で挟む。
  2. 挟んだままジャンプして、軸足のヒールでボールを投げるようなイメージでボールを空中に投げる。(腰、お尻の下あたりでボールを離す。)
  3. 体は大きくひねった状態で、利き足側に足を上げる(腰と同じくらいの高さになるまで持ち上げる)。

ボールを離すタイミングがちょうどよくないと、ボールが頭にあたってしまうこともあるため、練習してタイミングをつかむ必要がある。

軸足の裏を通すフェイント 難易度★★★☆☆

フットサルでもサッカーでも使えるフェイントです。

相手からボールの距離を置き、なおかつ左右にボールを動かすので相手がボールを取るのは難しくなります。

  • 時間を確保したいとき
  • 相手の注意を自分に向かせたいときなど
  • ボールに食いつかせて逆をつきたいとき

たくさんの場面で活用できる機転のきくフェイントです。

ダブルタッチとエラシコ 難易度★★☆☆☆

ダブルタッチはだれもができたほうがいい基本技です。

ものすごく苦手という訳でないなら、しっかり練習すると役立つ場面がたくさんあります。

この動画ではダブルタッチの

・横の動きを素早くする

という重要項目が動画でわかりやすいので、真似すると上達が早いです。

逆エラシコやインアウトインなどは応用ですが、相手を惑わすことのできる素晴らしいフェイントです。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。