サッカー・フットサル

ディフェンスのやり方|8つの手順を解説

 

基礎練習が終わり、

パス練習、フェイント練習が終わったらディフェンスの練習をしましょう。

 

デイフェンスするときの姿勢は

 

ディフェンスは相手に対して両足を揃えてたつのは基本NGです。


斜めに立つことが第一です。


その理由は、片足が後ろにあることで、急なスピードアップに対応できるようになるからです。

重心は後ろに七割 前に3割を意識しましょう。

後ろ足に体重があれば、足を出したときに入れ替わって抜かれるのを防げるのと、

ボディバランスを保ちやすくなります。


また、スムーズにターンができ、相手とボールの間に体を入れやすくなります。

 

ただし、シュートを打たれるゾーンでは相手のシュートコースを消すことが優先されます。


そのため、斜めではなくボールに対して足を揃えて立つ場合もあります。

 

ディフェンスするときの距離感を知る


相手との距離は1、5メートルが基本になります。


けれど例外もあり、

自分が足が遅かったりターンが苦手なら、より距離を離すこともあります。


相手が余裕を持ってボールを持てないように、足が届くかもしれないい位置まで寄せましょう。

 

デイフェンスの原則を知れば後は練習するだけ

 

ずばり、

 

インターセプト⇒トラップ際⇒遅らせる⇒サイドに追い込む

がディフェンスの順番です。

 

詳しくみていきましょう。

 

選手をマークする

  1. マークした選手とボールは常に同じ視野にはいるようにします。
    立ち位置は、ボールとゴールを結んだ線の上です。
    相手選手との距離は一定を保つようにします。
  2. マークした選手にパスがでた瞬間に寄せます。
    相手がボールをトラップした瞬間、自分の足は留まっているようにしましょう。
    なぜかというと、大きくトラップされたときについていけなくなるからです。ボールトラップ前に停止しましょう。 相手がボールをトラップするときはどうしても周りを見られなくなります。そんなときに寄せられると、上手くトラップしなければとプレッシャーになります。
    この動作ひとつで相手の心理状況が全く変わるので、よい寄せをできるようにしましょう。
    相手にパスがでた瞬間に相手に思いっきり近づくということです。
  3. 寄せる幅は状況にもよるが、できるだけ近くまで寄せましょう。 先ほども言ったようにプレッシャーになるからです。
  4. 寄せ終わって止まった時の体は半身になり、走られても早く対処できるように後ろ足に体重をのせましょう。前足に3割、後ろ足に七割です。

 

次からはボールを奪う段階を説明します。

 

ボールの奪い方

  1. インターセプト
    マーク選手がボールをさわる前にカットする

  2. トラップ際
    マーク選手がミストラップした瞬間をねらう
  3. ドリブルをはじめられたらまずは遅らせる
    見方の戻りを待つことが大切になります。
    ゆっくりボールを遅らせるために相手に飛び込まず、
    かつ相手が簡単にパスを出せない距離を保つようにしましょう。
    ここで一番やってはいけないのは、
    飛び込んでかわされ相手がスピードにのってドリブルを始めることです。
  4. 相手に自由にボールを持たせないよう常に相手とゴールの間に立ち、一定の距離を保つようにしましょう。
    そしてできるだけライン際やスペースの狭いところに相手を追い込むようにします。
    スペースがなくなれば相手のパスコースはなくなり、2対1ができやすくなります。

 

ディフェンスの注意点とは

飛び込まないこと


常に相手選手とゴールの間に立ち、一定の距離を保って粘り強くついていくようにしましょう。

相手がミスしやすい状況にしていくこと

 

デイフェンスは相手のミスを待つことが重要です。

 

 

ディフェンス応用編

 

  • デイフェンスがオフェンスにフェイントをかける
  • わざとスペースをあけて走らせる&パスを出させる

 

ボールの奪いかたで優先するのは、体を相手とボールの間にいれて奪うことです。

一番まずいのは、相手に抜かれることです。そしてドリブルやパスをされることです。

 

 

まとめ

 

今回は1対1のディフェンスについてでした。

 

ディフェンスの優先順位は、

インターセプト⇒トラップ際⇒遅らせる⇒サイドに追い込む

でした。

 

頭で理解しても、実践ではできないことが多いです。

どんどん練習や練習試合で実践していきましょう!!

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。