初心者向けの練習

サッカーのトラップ練習は1人でもできる!やり方を動画で紹介します!

 トラップの練習方法を書いています。
シュートとはちがって、すこし地味に感じられるところもありますが

トラップが上手な選手は サッカーがうまい

と言っても過言ではありません。

トラップとは

トラップ(Trap)とは飛んできたボールを手以外のところで受け止めて、自分の意思でコントロールすることです。次の動きがスムーズになるように、ボールを動かします。
ファーストタッチ、ファーストコントロールとも言います。

 浮き球をトラップするときは、足やもも、胸、頭などたくさんの場所が使われます。ボールはどこに飛んでくるかわからないので、いろいろなところでトラップできるようになりましょう。

前回の記事で書いた
『リフティング』ができると、トラップも上手にできます。
リフティングでボールを蹴っていた場所と同じところを、トラップでも使うからです。

 

 

トラップの手本になる人

注目してほしいのは、
トラップとは、自分が動かしやすいところにボールを運ぶ。という点です。

 

プレミアリーグ デリ・アリ選手(トッテナム)のトラップ

引用元:youtube
DAZNJapna

練習したらわかると思いますが、このトラップすごいですよね。
高く上がった浮き球で、しかも相手選手を背負ってからトラップしています。とても難しいです。
いつかこんなプレーができるようになりたいですね。

 練習しましょう!!正しい方法で練習すれば、絶対にできるようになります。

 

 

トラップの練習方法

<参考動画(乾選手)>

ちょっと、乾選手のボールの蹴りが大きすぎて、最初はまねできないと思います。なので、やりやすい方法を後で説明しますね。

引用元:youtube
JFATV


トラップ練習(解説)

練習1 リズムにのせてリフティング

ボールを頭より高く上げるのがポイントです。大きく上がったボールの勢いを適度に吸収しないとリフティングは続けられません。トラップで必要な『ボールを引く感覚』がわかるようになる練習です。
他にも、ボールを高く上げるときのキック力の調整や、リフティングの練習にもなるので、一石二鳥です。

やり方は簡単です。

リフティングをするのですが、

1、2、3、

の3回目でボールを頭より高くあげます。

 

そのあと、同じようにリフティングを続けます。

 

これを繰り返せるように練習しましょう。

2は胸のあたりの高さまで

3回目は大きく頭を超えるまで蹴り上げてから、リフティングを続けてください。

大きく上がったボールを受け止める動きがトラップです。

①、②は普通のリフティング。
③で頭よりボールを高く上げる。
④、⑤で普通のリフティング。
⑥で頭よりボールを高く上げる。
⑦、⑧で普通のリフティング。  と繰り返します。

難しければ、普通のリフティングの回数を増やしましょう。
例えば、
①、②、③は普通のリフティング。
④で頭よりボールを高く上げる。
⑤、⑥、⑦で普通のリフティング。
⑧で頭よりボールを高く上げる。  と繰り返します。

 

やってみるとわかるけど
大きくあがったボールをリフティングで続けるのは大変ですよね。

でも、大変だから練習する意味があります。
これが上手にできるようになれば、どんなパスも自分の思うがまま、好きな方向にトラップできますよ。

 

 

練習2 いろんなところでリフティング

トラップするときは、ボールの軌道を読んで
体のどこでトラップするのが良いか、すぐに判断しなければいけません。
トラップできる部位は多い方がプレーの幅が広がります。なので、たくさんの場所を使って上手になりましよう。

練習2ではより難しいリフティング練習をしてみましょう
【太もも→インサイド→アウトサイド】

引用元:youtube

【インステップ→インサイド→アウトサイド】

リフティング練習は本当に効果があって、サッカー上達にかかせませんね。

 

 

練習3 走りながらリフティング

 

動きながらボールコントロールをすることで、やわらかいトラップをできるようになります。これは元日本代表の宇佐美貴史選手がやっていた練習です。

 

参考動画です

引用元:youtube

 

 

トラップするところを変えてみる

 

トラップは様々な部位を使ってできます
それこそ、リフティングで使える部位ならどこでもいいです。インサイド、アウトサイド、インステップ、もも、むね、頭、かた 背中やおしりだってできます。

でもどうせなら、パス練習でも使う

  • インステップ
  • インサイド
  • アウトサイド

の順で練習するといいかもしれませんね。

トラップとはボールを押し出すこと

右足でトラップするとして、左足が地面についているところを想像してください。

問題ですが、トラップするとき体重はどちらの足にのっていますか?

その正しい正解は、
【トラップする右足に体重をのせる】です。

自分が行きたいと思った方向にいけるように、ボールを捉えるところに重心をのせましょう。(これは、トラップだけでなくキックのときも言えることです。)

地面についている足に体重をのせてしまうと、動きが止まったままです。
ボールが触れる足に集中して体重をのせることで、動きはスムーズになります。つまり、ボールコントロールが上手くいきます。
サッカーは動くスポーツということを意識して、立ち止まらないプレーをできるようにすることが大切です。

まとめ 

今回はトラップの練習方法でした。
結局

  • リフティングができるか
  • リフティングでつかんだボールを蹴る場所を知っているか

それが重要になりますね。

あせらず少しずつ練習することが大切です。

まだまだリフティングが上手でないなら今後のためにリフティングを再度練習しましょう。

’’急がば回れ’’

着実に成長することで 大きな成功が得られます。

error: Content is protected !!