初心者

トラップのコツと練習方法を動画で解説

 

今回はトラップの練習方法です。

 

シュートとはちがってすこし地味に感じられるところもありますが

 

トラップが上手な選手は サッカーがうまい

 

と言っても過言ではありません。

*youtubeより参考動画を載せさせて頂いています。

 

トラップとは

 

トラップ(Trap)とは

飛んできたボールを手以外のところで受け止めて、

自分の意思でコントロールすることです。

 

そして次の動きがスムーズになるように

ボールを動かすことですね。

 

ファーストタッチ、ファーストコントロールとも言います。

 

浮き球に対するトラップは

足やもも、胸、頭などたくさんの部位が使われます。

 

ボールはどこに飛んでくるかわからないので

いろいろなところでボールをトラップできるようになりましょう。

 

前回の記事で書いた

『リフティング』ができると上手にトラップできると思いますよ。

 

リフティングを上手になると

ボールはいつも同じところで蹴っていることに気がつくと思います。

 

その場所は、リフティングだけでなく

トラップでも使うんですね。

 

 

トラップの手本になる人

 

注目してほしいのは、

トラップとは自分が動かしやすい位置にボールを運ぶという点です。

 

日本代表 乾選手のトラップ

ピタッと 自分の動きたい方向にスムーズにトラップができています。

やったことのある方はわかると思いますが、

このトラップすごいですよね。

 

浮き球でしかも逆サイドからのロングボールなので難しいです。

 

いつかこんなプレーができるようになりたいですね。

 

練習しましょう!!絶対にできるようになります。

 

 

トラップの練習方法

浮き球のトラップ

この動画を参考にしてみましょう。

ちょっと乾選手のボールの蹴りが大きすぎて

最初はまねできないと思います。

 

なので、やりやすい方法を説明しますね。

 

 

トラップ練習まとめ

練習1 リズムにのせてリフティング

やり方は簡単です。

リフティングをするのですが、

1、2、3、

の3回目でボールを頭より高くあげます。

 

そのあと、同じようにリフティングを続けます。

 

これを繰り返せるように練習しましょう。

2は胸のあたりの高さまで

3回目は大きく頭を超えるまで蹴り上げてからリフティングを続けてください。

大きく上がったボールを受け止める動きがトラップです。

 

参考動画 8秒から27秒の間の練習風景が

練習1のやり方です

 

やってみるとわかるけど

大きくあがったボールをリフティングで続けるのは大変ですよね。

 

でも、大変だから練習する意味があります。

 

これが上手にできるようになれば、

どんなパスも自分の思うがまま

好きな方向にトラップできますよ。

 

 

練習2 様々なばしょでリフティング

 

トラップはボールの軌道を読んで

どこでトラップするのが良い選択か瞬時に判断しなければいけません。

 

トラップできる部位は多い方がやりやすいです。

 

なので、足元は上手になっておきましょう。

練習2ではより難しいリフティング練習をしてみましょう

リフティング練習は本当に効果があって

サッカー上達にかかせませんね。

 

 

練習3 走りながらリフティング

 

動きながらボールコントロールをすることで、

やわらかいトラップをできるようになります。

 

これは日本代表の宇佐美貴史選手がやっていた練習でもあります。

 

参考動画です

 

 

トラップする体の部位を知る

 

トラップは様々な部位を使ってできます

 

それこそ、

リフティングで使える部位ならどこでもいいです。

 

インサイド、アウトサイド、インステップ、もも、むね、頭、かた

背中や おしりだってできます。

 

でもどうせなら

パス練習でも使う

  • インステップ
  • インサイド
  • アウトサイド

の順で練習するといいかもしれませんね。

 

 

トラップとはボールを押し出すこと

右足でトラップするとして、左足が地面についているところを想像してください。

問題ですが、トラップするとき体重はどちらの足にのっていますか?

その正しい正解は、

【トラップする右足に体重をのせる】です。

体のどの部位にボールがあたっても、思った方向にいくくらいボールを捉えるところに重心をのせましょう。

(これは、トラップだけでなくキックのときも言えることです。)

地面についている足に体重をのせてしまうと、動きが止まり上手くいかなくなってしまうことが多いです。

ボールが触れる足に集中し体重をのせることで、動きはスムーズになりボールコントロールが上手くいきます。

サッカーは動くスポーツということを意識して、立ち止まらないプレーをできるように練習することが大切です。

まとめ

 

今回はトラップの練習方法でした。

 

結局リフティングができるかどうか、

リフティングでつかんだボールを蹴る場所を知っているか。

それが重要になりますね。

 

あせらず少しずつ練習することが大切です。

 

まだまだリフティングが上手でないなら

今後のためにリフティングを再度練習しましょう。

 

’’急がば回れ’’

 

着実に成長することで 大きな成功が得られます。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。