初心者

リフティングができない初心者が上手くなるコツと練習方法

今回はリフティングについてです。

どうして練習するのか

どうやって練習するのかまとめました。

リフティングとは

リフティングとは、

『手以外を使いボールを地面に下ろさずに蹴り続けること』です。

手以外なら もも、胸、頭、肩などどこを使っても良いというルールがあります。

リフティングは和製英語(日本で作られた『英語もどきの言葉』)であり、

英語ではリフティングのことを

football juggling(フットボール ジャグリング)というようです。

リフティングを練習する理由

リフティングを練習する理由は

ボールの扱いを上手にするためです。

ダイレクトボレー シュート パス

トラップ

幅広い場面で練習が役に立ちます。

ダイレクトボレー

こんなシュートうちたくないですか??

上手になったら、こんなリフティングもできるようになるかも

しれませんね。

フリースタイル フットボール

リフティングのやり方

Youtubeでとてもよい動画があるのでその紹介です。

リフティング超初心者向け動画

リフティングは同じ動作の繰り返しです。

動画中にもありますが、蹴ったら足をつくのを忘れないようにしましょう。

2本足で立っている状況

➝ボールが落ちてくる

➝足の甲でキックする

➝足を地面につける

この繰り返しです。

ボールは胸のあたりまで上がるように蹴りましょう。

いかに正確に繰り返せるか それがカギです。

まずは小さい目標からにしましょう。

1回を正確にキックする

⇒次は2回連続でキックできるようになる

⇒次は3回連続でキックできるようになる

いきなり100回はできないので

1回を正確に

次は2回 次は3回と徐々にふやしていきましょう。

リフティング超初心者向け動画 まとめ

リフティング練習1

得意な足を使って2回連続でキックできるようになる。

注意点は、キックをしたら一度蹴った足を地面にもどすこと。

リフティング練習2

苦手な方の足で2回連続でキックをする。

リフティング練習3

バウンドリフティングを5回連続でできるようになる。

リフティング練習4

3回同じ足でリフティングをして4回目は手でキャッチする。

注意点は、自分が蹴ったボールが胸元まで戻るようにすること。

リフティング練習5

5回同じ足でリフティングをして6回目をキャッチする。

注意点は、ボールは高くあげず、自分の顔より下でリフティングすること。

リフティング練習6

向かってきたボールを5回リフティングしてキャッチする。

リフティング練習7

左右交互に4回リフティングしてキャッチする。

リフティングする部位を知る

リフティングはまずは足の甲(インフロント)で練習しましょう。

その後は、

・もも

・インサイド

・アウトサイド

の順で練習すると上達が早いかもしれません。

インサイドリフティングは これを参考にしてみてください。

リフティングをテニスボールでする

サッカーボールだけでなく

テニスボールでできるようになると凄いです。

知り合いの友人はテニスボールでリフティングをする練習をしていました。

やはりボールタッチの柔らかさが違います。

サッカーボールでできるようになったら、

テニスボールもチャレンジしてみると良いかもしれませんね。

まとめ

今回はリフティング練習の仕方についてでした。

動画を見てどう思いましたか。

あんなシュートうってみたいですね。

日々のこつこつした練習が あんな凄いプレーにつながりあます。

あきらめずすこしずつ上達しましょう。

絶対にできるようになります。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。