初心者

インサイドキック!初心者が上手くなるコツと練習方法

 

 

今回はパスの中で最も使われるインサイドキックです。

 

誰もが最初に学ぶであろうキックなので、しっかりマスターしたいですね。

 

 

 

インサイドキックとは

 

 

インサイドキックは、足の内側くるぶしの下でボールを蹴ることです。

 

単にインサイドと略して言うことも多いです。

 

 

浮き球ではなく、地面を転がるボールを蹴る時に適しています。

 

パスによく使われる一番重要なキックです。

 

 

 

インサイドキックのフォーム

 

 

なにより見た方が早いので、愛媛FCのインサイドキックを真似てみましょう。

 

 

愛媛FCのインサイドキック

 

ボールを蹴る部位を理解するのは難しいですが、

 

インサイドリフティングで使う部位と同じです。

 

 

 

 

細かいことは考えず、何度も足の内側で蹴って感覚をつかむと成長が早いです

 

 

軸になる足(ボールを蹴る足の逆の足(右利きなら左足))のつま先は

ボールを転がす方向にしっかりと向けましょう

⇒先に軸足をボールの横に置き、次に利き足の内側でボールを蹴ります。

 

 

 

このとき、上半身は大きく後ろに傾かないようにしましょう

 

 

参考動画

 

 

 

 

インサイドキックで蹴ったボールの回転は??

 

 

インサイドキックで蹴った後

ボールはどんな回転をしていますか??

 

 

普通は前向きの回転だと思います。

けれどここで意識してほしいのは、

回転の無いボールをしっかり蹴ることです。

 

 

というのも、リフティング練習で学んだように

インサイドでしっかりあてていれば、ボールは無回転になるからです。

 

 

リフティングのインサイドを使って、

地面に置いてあるボールを蹴るイメージをもてたらいいですね。

 

 

 

インサイドキックをより正確にするために

 

 

キックを正確に蹴れるようになるには、

より遠くの的にパスできるように練習するのが手っ取り早いです。

 

 

最初は短い距離10mで練習し、じょじょに距離を遠くしていきます。

 

 

遠いとどうしても強く蹴りだす必要があり 

なおかつ、正確な方向に蹴らないと大きくずれてしまいます。

 

 

難しいけれど良い練習になりますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

インサイドキックはサッカーにおいて一番重要な蹴り方です。

パスするときでなく、シュートにも使えます。

 

 

最初はごろごろパスだと思いますが、

しっかり無回転で蹴れるようになればインサイドで浮き球を蹴ることもできます

 

 

まずはこのインサイドキックをマスターしてしまいましょう!!

急がば回れ

ひとつひとつ確認しながらですね。

ABOUT ME
ほりたん
サッカーを教えるのが夢でした。わかりやすく伝えられるように、できるだけ画像や動画を使って頑張ります。