初心者向けの練習

サッカー初心者の練習はドリブルから!!

 

サッカーが上達するためには、練習の質が大切です。
幼少期は環境のよいところでライバルと切磋琢磨するうちに、自然と成長しますよね。
大人は論理的に考えて練習することが大切です。
指導者であれば、的確に、わかりやすい言葉で選手にアドバイスが必要があると思います。)

できるだけわかりやすくなるように、動画も使いました。参考にしてくださると嬉しいです。

使っている動画はすべてYouTubeから引っ張ったものです。自分で撮影せず申し訳ないですが、参考にできる動画ばかりです。掲載されているかたに感謝申し上げます。

 

最初に練習するのはドリブル

練習には順番があります。いきなりオーバーヘッドキックの練習をしても上手くいかないでしょう。
チームプレーの前に、まずはパスやリフティングといった基礎練習がかかせません。なかでも、ドリブル練習をすることが上達するコツです。

<ドリブル練習が大切な理由①>

ボールタッチの回数がとても多いのがドリブル練習です。
ドリブル練習は本番でとても役に立ちます。まずやったほうが良い練習ですよ。
ドリブル練習をするということは、ボールを触る感覚をつかむということです。ボールをコントロールできれば急激にサッカーは上達します。逆にボールコントロールができないと、いつまでもボールに遊ばれることになります。

私の知り合いには、『相手を抜くまでパスを禁止』と言う有名チーム出身の選手もいました。

<ドリブル練習が大切な理由②>

まずはディフェンスよりもオフェンスを身につけるべきです。 
元日本代表の中澤選手も言っていますが、システマチックなディフェンスと違い、オフェンスはアイデアと足元のスキルが必要になります。能力に差がつきやすいのもオフェンスです。オフェンスの方がディフェンスより楽しいと感じられることも多いと思います。

 

あせらず正確に練習すること

最初は早い動作よりも正確な動きをしましょう。
1歩1歩着実にできるようになることが大切です。

まずはじめは、ボールを止めるための小さなタッチ。

次に動かしながらゆっくり。

さらに動かしながら

そしてスピードを上げていく。

小さなことの積み重ねが、上達への近道だと忘れないでください
早く上達しようとあせってしまうと、むしろ遠回りになってしまいますよ。

 

練習メニュー

ここからは実際に参考動画を引用させていただきました。
練習はなにより、人を見て真似ることです。やっている人の後ろ側から見るのが一番なのですが、申し訳ありません。
もし、実際に人から教えてもらうことがあれば、その人の背中側からボールタッチを見てくださいね。そうすると、すんなり頭に入るはずですよ。

  • 人を真似るときはその人の背中側からボールタッチを見るようにする。

理由は、正面からボールタッチを見ると、その映像を頭の中でわざわざ反転させる必要があるからです。

タップ(インサイド)

 

インサイドタップのコツは

膝を曲げること です。

ボールを蹴るところは、足の内側です。

 

タップ(足裏)

引用元:youtube

足裏タップは

とにかく多く触ること
それが上達の近道です。

動画中にもありますが
インサイドタップ・足裏タップができるようになったら、インサイドタップをしながら前進・後進する。
足裏タップをしながら後進する練習をしてみましょう。

インサイドタップを身に着ければ、ボールを奪われない、懐深いドリブルができるようになります。

また、足裏タップは相手をひきつける動作につかえます。
そしてインサイドタップの前進・後進ができるようになったら、
コーンを使った練習法も効果的です。
今度は前進方向に向かって角度をつけてドリブルする練習です。
他の記事に書いていますが、ドリブルで相手を抜くには『角度』が重要になります。この練習は相手を抜くために後で必ず必要になるので、頑張る価値があります。

引用元:youtube

 

足裏タップができるようになったら、足裏を使った横移動を練習すると、上達が早いです。この練習は、ライン際すれすれで、ボールを動かすときに使うことができます。他にも、ボールを少し横にずらして相手の視線を動かすときや、相手を背中に背負ってボールを隠しながら動かすときにとても役立ちます。

引用元:youtube

 

あとはyoutube動画をあさっていたときに、
プルインサイド プルアウトサイドもあったのでここに載せておきます 。

練習はひとつひとつ正確にやることが第一ですが、できるようになれば次々と新しいことにチャレンジすると成長が早いです。
リフティングを連続で10回できるまでの時間と、10回できてから、さらに10回(合計で20回)できるまでの時間を比べれば、10回できてから20回できるまで練習した時間の方が、ずっと短くなります。何事も練習は最初が難しいものですが、慣れればどんどん応用がきくようになるんですね。

引用元:youtube

 

お子さんが動画中でボールをさばいていますが、どの年代でもまずはじめにやる練習です。大人でも子供でも成長の過程に違いはありません。おろそかにせず、確実にできるようになりましょう。そして最後には素早くできるようになりましょう。

 

ターンの練習

インサイドターン アウトサイドターンの練習をしてみてください。
ターンはこっちにいくぞ?と相手に思わせて、逆にボールを運ぶ技です。ターンが早ければ早いほど相手をその場に置き去りにできるので、ターンが早くできるように練習しましょう。
他の記事で書いていますが、ここでは『緩急』が大切です。

引用元:youtube

 

 


さっきまで練習していたボールタッチが
⇒ドリブルへ⇒ドリブルしつつターンへ 変わっています。

立ち止まってのボールタッチを原点に、ドリブルからターンまで練習が応用されました。

しつこいですが、
何よりまずやるべきなのは、止まってのボールタッチ練習です。まだそれができていないなら、そこまで戻ってやり直しましょう。そっちのほうが長い目で見て成長が早くなります。

上級編としてドリブルデザイナーを紹介したいと思います。真似してくださいというよりは、こんな風に上手になれたらうれしいですね。ここを目指して頑張りましょう。

引用元:youtube

こんなドリブルを目指して
ひとつひとつ練習を積み重ねましょう。

この記事を読んでコツコツ練習すれば、絶対にできるようになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!