基礎練習をする

シュートで当てる場所|足のどこでボールを蹴るの?

シュートを当てる場所を説明します。

うまく当たると、痛くないキックができます。シュートスピードもあがって、浮いたシュートもできます。練習すればできるようになるので、まずは当てる場所を見てください。

シュートで当てる場所

シュートで当てる場所は、ひもを結んだすこし下のところだよ。ここにボールを当てると強いシュートになる。練習してみよう。

むずかしい言い方だと、3対2のところ。かたい骨があるぞ。そこに当てよう!

3対2がわからないときは、大人に聞いてね。6対4も同じことだよ。

足の中でいちばん硬い、甲(こう)に当てるのがポイント!

注意してほしいこと

ケガするから、足の先でシュートはしない。足首を痛める原因になるんだ。

シュートするキックはインステップキックって言う。

まとめ

シュートで当てる場所を説明しました。練習すると、すこしずつ当たるようになります。すぐ上手くならないから、ちょっとずつ頑張りましょう。

うまくなる順番はこんな感じ。

  1. ゴロゴロだけど、速いシュートができる。
  2. ういたシュートができる。
  3. ゴールのねらったところにシュートができる。

やってみよう!

error: Content is protected !!