ケガ予防・ストレッチ・体調管理

股関節まわり(鼠径部)が痛いときに考えること

サッカーでよく痛めてしまうのが股関節(こかんせつ)まわりの筋肉です。
黄色いところが鼠径部(そけいぶ)で、ほかにも緑色にした下腹部とか、股の内側が痛むことがあります。

黄色が鼠径部

痛みの原因はたくさん考えられます。

例えば、筋肉の使いすぎです。筋肉を使いすぎると固くなってしまい柔軟性が奪われます。

鼠径部が痛くなったら、まずはマッサージやストレッチで筋肉のコリをほぐしましょう。

特にサッカーでストレッチしたほうがいい場所はハムストリングです。

私が学生のときにハムストリングが硬くて、鼠径部を痛めた経験があります。そのとき気がついていればよかったものの、なかなか正しいストレッチが出来ていませんでした。

正しいストレッチ方法については他のページでも書いています。

ストレッチのやり方

鼠径部痛はいくつかに分けられます。内転筋が痛かったり、腹部に近い 大腿骨の付け根が痛かったり。それぞれの場所で原因は違います。
まずはモモの裏にある筋肉(ハムストリングス)を伸ばしてみましょう。そして腰、背中、お腹もストレッチします。

筋肉のバランスが崩れていると、骨盤が前のめりになったり後ろ倒しになったりします。
座ったときにちゃんと骨盤をたてて座れるかもチェックしておいたほうがいいですよ。いわゆる仙骨で座っていないか注意しましょう。骨盤をしっかりたてて座れるようにしましょう。

まとめ

  1. ストレッチやマッサージをして柔軟性をつける
    (筋肉をつけて治そうと考える前に)
  2. ハムストリングを中心にストレッチをする
error: Content is protected !!